ホルムズ海峡を注視せよ! 日本経済に大きな影響、原油より天然ガスが危ない


イランによるホルムズ海峡封鎖の影響

これに対し、イランは、原油輸出に制裁が科される場合、ホルムズ海峡を封鎖すると警告し、11年末からイラン正規軍海軍が大規模演習、ミサイル発射実験を行っている。また、今年2月には、イスラム革命防衛隊海軍が演習を予定している。

仮にイランがホルムズ海峡を封鎖した場合、イランおよび湾岸OPEC産油国からの石油(原油+石油製品)の輸出(日量1700万バレル超)の大半が利用不可能になり、限定的な代替輸出ルートが残されるものの、原油価格が上昇するおそれがある。

一方、イランからの原油の全量(日量約220万バレル)が輸入禁止となっても、ホルムズ海峡が封鎖されなければ、湾岸OPEC産油国余剰生産能力(日量314万バレル、11年12月)で代替が可能であるという見方もある。

もっとも、利用可能なOPEC産油国の余剰生産能力が減少すれば、先行きへの不透明感も重なり、原油価格に上方圧力が加わる可能性は否定できない。

また、イランをはじめとしてナイジェリアやスーダンなど、産油国の地政学的リスク要因を考えれば、価格への影響は避けられないとの意見もある。

なお、直近の石油需給ファンダメンタルズは、米国での在庫増加傾向から、価格への影響は弱気である。総合すると、米国経済指標類・企業業績+地政学的リスク要因+直近の石油需給ファンダメンタルズで、原油価格の上振れリスクは否定できないだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。