男子校という選択 おおたとしまさ著

男子校という選択 おおたとしまさ著

男女共学志向が高まる中、生徒が男子のみの高校は現在、わずか2・6%しかないという。ところが、教育ジャーナリストの著者は、あえて男子校のメリットを説き、教育の多様性を提唱する。

たとえば、思春期の男子が、女子の目を気にすることなく伸び伸びと過ごせ、学業に専念できるという。また、同性のみと過ごすことで男子としての役割をより理解し、人格形成に役立つとも説く。現実に、高校別東大合格者数ではトップ10中8校が男子校だったりもする。

本書は、有名男子校の教育理念や校風などを、現役教師や在校生、ОBへの取材を基に個別に掲載。一見特殊な男子校というシステムの価値を見直している。

日経プレミアシリーズ 892円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。