男子校という選択 おおたとしまさ著

男子校という選択 おおたとしまさ著

男女共学志向が高まる中、生徒が男子のみの高校は現在、わずか2・6%しかないという。ところが、教育ジャーナリストの著者は、あえて男子校のメリットを説き、教育の多様性を提唱する。

たとえば、思春期の男子が、女子の目を気にすることなく伸び伸びと過ごせ、学業に専念できるという。また、同性のみと過ごすことで男子としての役割をより理解し、人格形成に役立つとも説く。現実に、高校別東大合格者数ではトップ10中8校が男子校だったりもする。

本書は、有名男子校の教育理念や校風などを、現役教師や在校生、ОBへの取材を基に個別に掲載。一見特殊な男子校というシステムの価値を見直している。

日経プレミアシリーズ 892円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。