男子校という選択 おおたとしまさ著

男子校という選択 おおたとしまさ著

男女共学志向が高まる中、生徒が男子のみの高校は現在、わずか2・6%しかないという。ところが、教育ジャーナリストの著者は、あえて男子校のメリットを説き、教育の多様性を提唱する。

たとえば、思春期の男子が、女子の目を気にすることなく伸び伸びと過ごせ、学業に専念できるという。また、同性のみと過ごすことで男子としての役割をより理解し、人格形成に役立つとも説く。現実に、高校別東大合格者数ではトップ10中8校が男子校だったりもする。

本書は、有名男子校の教育理念や校風などを、現役教師や在校生、ОBへの取材を基に個別に掲載。一見特殊な男子校というシステムの価値を見直している。

日経プレミアシリーズ 892円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT