日本株は「米国利上げ見送り」ならどうなるか

16~17日はいよいよ米公開市場委員会

今回のコラムでは、改めて大調整の理由付けもしたわけたが、筆者の本心は、「空売りファンドの仕掛けがハマっただけのこと」だと思っている。プログラム売買の荒っぽい値動きがそれに拍車をかけただけだ。

自民党総裁選での無投票当選が決まったことで、安倍晋三内閣の「後三年の役(戦い)」がスタートしたわけだが、大きな相場が作られる時は安定政権の時が多い。平成バブル相場も、1985年のプラザ合意での外圧が原因と言われるが、直前の中曽根内閣の5年間の安定が大きく影響していると思っている。近年まれにみる安定政権になりそうな、安倍政権とアベノミクス。本領発揮はこれからだ。

「大相場の可能性」がさらに高まる

今後の相場だが、異次元バブル大相場の可能性がさらに高まったと筆者は考える。アメリカが利上げをすると言っても、現在の通貨供給量を一気に絞り、さらに急速に吸い上げるということではない。

特に来年は大統領選挙の年である。現在の景気を維持するために、現行の通貨供給量は維持されよう。しかも、ECBや日銀の資金供給量は増えることはあっても、減る事はないだろう。中国もしかりだ。エンドレスな異次元緩和が引き起こす金融相場を考えた時、今回の波乱は、その資金供給量増額の催促相場になっただけではないか。

一方、下値で鯨(GPIFなど)は動いた。だが1万8000円は買うが、2万円は買ってくれないようだ。いったん壊れた相場の修復には時間がかかるが、予想外な戻りがあるとしたら、セントレジャーデーを終えて戻って来る外国人投資家の「大人買い」だ。

予断を許さないFOMCだが、本当に面白いFOMCでもある。今週(14~18日)の日経平均予想レンジは、1万7750円~1万9250円としたい。予想にならないくらいの広いレンジだが、1日で1300円以上も動いた翌週なので、許して頂こう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
超大型機をハワイ線に投入<br> 全日空「A380」就航の成否

総2階建ての世界最大旅客機「エアバスA380」。ANAが国内で初めて導入し、5月24日に無事初便就航となった。路線は成田―ホノルル線。ハワイはJALの牙城だ。攻め入るANAの意気込みと「事情」を追う。