激動アジア--2012年は選挙・政権交代イヤー、アジアの政治が大きく動く

金正日総書記死去というビッグニュースで幕を閉じた2011年。北朝鮮の行方からは今後も目が離せない。ただ今年は、それ以外にも、アジアの将来を左右する選挙や政権交代が目白押しだ。

1月14日の台湾総統選挙から始まり、3月のロシア大統領選挙、11月の米国大統領選挙、12月の韓国大統領選挙と、主要国でリーダー選出のための選挙が実施される。さらに、日本でも年内に解散総選挙が行われる可能性が出てきた。

そして、最大の注目を集めるのが、中国における指導部交代だ。今秋の中国共産党党大会で、10年ぶりにリーダーが交代、習近平氏が党総書記に、ナンバー2には李克強氏が就く見通しだ。

では、習体制への移行により中国の政治はどう変わるのか。

クリントン政権で米国務次官補代理(東アジア・太平洋担当)を務めたスーザン・シャーク・カリフォルニア大学サンディエゴ校教授は「権力の継承を妨げないよう、習近平は自らの見解を隠し続けている」と指摘する。「ただ、中国の次世代のリーダーが現在の方針を転換する可能性は薄い。経済成長と国内の安定を実現するために、近隣諸国や米国との軋轢を避けようとするはずだ」。

中国にとって、今年は多くのリスクを抱える年となる。

経済面では、11年に比べGDP成長率が鈍化する公算が大きい。新年の声明で温家宝首相は、「第1四半期の経済情勢は厳しくなる」との見方を示した。中国の輸出全体の2割強を占める欧州経済が減速。加えて、不動産価格の下落も始まっている。経営コンサルタントの大前研一氏は「今年前半にも不動産バブルが崩壊するのではないか」と予測する。輸出と不動産という牽引役が揺らげば、中国経済へのダメージは大きなものとなる。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT