激動アジア--2012年は選挙・政権交代イヤー、アジアの政治が大きく動く


ルールメーカーに日本がなるチャンス

今年は、日本にとっても重要な選択を迫られる1年になる。消費税増税、社会保障改革などの国内問題に加え、外交面ではTPPの参加交渉が大詰めを迎える。

昨年11月、野田佳彦首相は「TPP交渉参加に向けて関係国との協議に入る」と表明したが、依然として「交渉参加」を明言はしていない。日本政府は、今月から現交渉国9カ国との協議を本格化し、交渉へ参加するか否かの結論を出す。

元外務事務次官の谷内正太郎・早稲田大学教授は「TPPは、日本が国際社会で主要なルールメーカーになるチャンス」と強調する。TPPの詳細なルールを決める参加交渉国会合は、3月に豪州で始まり、年内に5回程度開催される予定だが、日本は参加が遅れれば遅れるほど、自国に有利なルールを盛り込むことができなくなってしまう。

アジア太平洋の貿易圏構想をめぐっては、TPP以外にも、日中韓FTA(自由貿易協定)、ASEAN+3、+6などの枠組みが提唱されている。そのすべてに関与する日本の決断は、他国にも大きな影響を与える。事実、日本がTPPへの参加交渉表明をしたことで、中国は日中韓FTAへの関心を強めている。

安全保障面では、普天間基地移設問題など日米同盟の行方や、ほかのアジア諸国との防衛協力強化も大きなテーマとなる。

激動が予想される12年のアジア。アジアはこれからどう変わるのか。そして、日本はどう動くべきなのか。『週刊東洋経済』2012年1月14日号では、世界の15人の識者たちにその見通しを聞いた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT