三越と松屋、銀座店改装に見る「紳士服の今」

日本一の商業地で百貨店が出した答え

松屋のバイヤーの宮崎俊一氏。ヴィンテージ生地の調達に奔走した(撮影:今井康一)

富裕層の高額消費により活況を呈している銀座で、9月4日、松屋銀座店が実に15年ぶりとなる紳士服フロアの大改装を実施した。

今回、改装されるのは紳士服を扱う5階部分760坪のうちの75%。松屋銀座店は2013年9月に婦人服フロア、2014年4月に食品フロアの大改装を実施。今回の紳士服の改装が集大成となる。

一般的に景気回復局面においては、婦人服への支出が先に回復し、紳士服の支出が増加するのは後回しになるといわれる。松屋銀座店の場合、2011年度、2012年度が紳士服売り上げの大底で、以降は毎年10%程度伸長。今2015年度は伸びが加速して、中間期(3~8月)までは前年同期比約15%増で推移している。改装後の1年間の売り上げ目標は2014年度比20%増の55億円と、さらに一段ギアを上げるもくろみだ。

松屋はパターンオーダーを強化

改装のポイントは、パターンオーダースーツ商品を拡充し、「個のこだわり」を追求する顧客のニーズに対応したことだ。女性客は高級ブランド品を好む傾向にあるが、それでおしまいとなりがち。一方、男性客は商品の細かい仕様にまでこだわり、自分だけのオリジナル商品を求める傾向が強いという。

松屋銀座店では以前からパターンオーダーの売り上げ割合が約4割と高かった。しかし、パターンオーダーの売り上げ割合を5割超へとさらに拡大させる方針だ。

次ページ牽引役として期待されているのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。