モチベーションは「アゲる」ものではない

仕事への意欲が下がったときの対処法

はたらく理由、6つのギア

ギア1: 生存欲求「生きる」。生きるため、食べてくため。

ギア2:安全欲求「暮らす」。安全な環境・安心な家計のため。

ギア3:所属欲求「つながる」。会社や組織の一員という自覚や一体感を感じるため。

ギア4:承認欲求「認められる」。ほめられる、感謝される、必要とされる喜びのため。

ギア5:自己実現欲求「なりたい自分になる」。やりたいことを見つけて実現する、達成感や成長の実感のため。

ギア6:貢献欲求「貢献する」。誰か、あるいは世の中に貢献している実感のため。

 自己実現に縛られる必要はありません。今の自分の心やキャリアの状況によって、どのギアの欲求がしっくりくるか、等身大の「はたらく理由」を考えてみましょう。どの欲求でもいいのです。それだけでモチベーションって素直にアガってきてくれるはずです。

そして仕事の経験を重ねていくうちに、誰か1人にでも、世の中にちょっとでも貢献する。そんな自分の「貢献欲求」に根付いたモチベーションがアガってくるはずです。

モチベーションはアゲるものではなく、アガるように心の仕組みをつくるものである。ちょうど今年の大河ドラマでも活躍しているあのイケメン志士も同じような言葉を残していました。

「おもしろき こともなき世に おもしろく すみなすものは 心なりけり」~高杉晋作

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT