モチベーションは「アゲる」ものではない

仕事への意欲が下がったときの対処法

「モチベーション」は他動詞(アゲる)と一緒に使うのではなくて、自動詞(アガる)と一緒に使う言葉です。外からの力ではアゲられない、心の中で芽生えて育つ植物みたいなものであるという意味です。

植物は引っ張っても叩いても育たず、自ら育つもの。人にできるのは植物に育ってもらう準備だけです。モチベーションも同じで、叩いてもスイッチを入れてもアゲられない。自らアガってもらうもの。できることは、モチベーションにアガってもらう仕掛けを作ることなのです。

デキる人はモチベーションが下がったとき、植物を育てるときと同じお作法を使っています。

(1)離れる

下がったモチベーションは、しおれた植物と同じ。残業や休日出勤して無理に頑張るのは逆効果で、もっとしおれてしまいます。仕事から離れて回復を待つ、オフの時間を持つことが最初のお作法です。

(2) 一つだけ、やってみる

植物が育つには十分な土壌が必要です。モチベーションの土壌は心が元気であることです。モチベーションが下がっているときに難しいタスクに着手すると、心が疲弊します。今、順調に進められていることや簡単なタスクなどから、一つずつ取りかかりましょう。

(3) 1週間の予定を、立ててみる

モチベーションがアガるには、目標という栄養が必要。でもサガっているときに高い目標を立てると、栄養価が高すぎてかえって負荷がかかります。そんなときにぴったりの栄養は目先の目標。目先の2~3日や1週間だけ計画を立てて、ちょっとずつクリアしていきましょう。

次に、日常的にモチベーションを高く保つための工夫をご紹介します。

料理を作るときの気持ちを当てはめよう

「仕事がおもしろくないからモチベーションが下がる」と、周囲の環境のせいにするのをよく耳にします。もちろん環境はモチベーションに影響しますが、モチベーションを高く保てる人を観察していると、環境に左右されることなく、仕事に楽しみながら取り組んでいる人が多いようです。

デキる人が仕事を楽しめている理由として、ある共通点に気づきました。仕事を目の前にしたときに同じ「呪文」を唱えているのです。それは、

「どうしたら、もっとオイシクできるか?」

次ページ仕事がおいしくなるように料理しよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT