モチベーションは「アゲる」ものではない

仕事への意欲が下がったときの対処法

誰かのために料理をするときのことを考えてみてください。「もっとおいしいものを作って相手を喜ばせたい」と考えて作ると、成功率が高くなりませんか。そんな呪文を仕事でも使えばいいのです。

決められたとおり、指示とおりにやるだけでなく、どうしたらもっとおいしく、おもしろくなるかを考える。たとえば、新しい資料を作るときは、「どうしたらチームがもっと動いてくれるか」という呪文を唱えると、数字のまとめ方や見せ方のアイデアが浮かびやすくなります。自社の製品に特徴がないと思ったら、「どうしたらその製品がおもしろくなるか」と唱えて、何か工夫を加えようと考えると、目の前の仕事を楽しめるようになります。

米アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏もこれに似た呪文を使っていました。「宇宙に衝撃を与える」――そのくらいインパクトがある製品を生み出すという意味です。宇宙に衝撃を与えるとまではいかなくても、目の前にあるものをもっとおもしろいものにしようと考えると、前向きな意欲がざわざわと芽生えてくるのではないでしょうか。

「はたらく理由」を見直す

仕事に対するモチベーションを高く保つには、自分がなぜ働いているのかという「はたらく理由」を見直してみるのが効果的です。

よく「『なりたい自分』を見つけて、それに近づきたいと思うことが働くモチベーションになる」というキャリア論をよく見かけます。これは、人間のモチベーションには何段階かの「ギア」があって、最高レベルのギアが「自己実現(なりたい自分になる)」である、という心理学の理論を根拠にしているのですが、それを働くモチベーションに当てはめると違和感をおぼえます。働くモチベーションとして必ずしも低い段階のギアが悪いわけではないし、最高レベルのギアのモチベーションは実は「自己実現」なんかではないと思うからです。

「はたらく理由」は、人によって異なるギアでモチベーションが生じる心理的欲求です。心理学の理論を組み合わせた「はたらく理由」は次の6ギアになります。

次ページ「はたらく理由」、6つのギアとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT