仕事でうまくいきたいなら「類人猿」から学べ

ゴリラ上司とボノボ部下が分かり合うには

――なるほど。確かに「また一緒に仕事できたら……」は、ボノボ部下にはうれしいでしょうが、オランウータン部下に言っても、まったく効果がなさそうですね(笑)。

岡崎(和):まさにそうで、上司の側が「自分が言われてうれしいこと」で、よかれと思って声をかけていても、それが相手にはまったくピンと来ない場合があるのです。でも、部下の特性を知って、ちょっと工夫すれば、ずっと効果的になります。

――非常に面白いのですが、職場の人間関係構築に用いるツールとして、たとえば「あいつはゴリラだから頭が堅い」とか、ネガティブな方向に多用されることはないでしょうか。エブリイではどうでしょう?

岡崎(:私たちとしては、社内のものも含めセミナーではいつも「どの類人猿がすごい」という観点での話はしません。社内でも、社長発信で「4タイプいるからこそ、類のない会社に出来る。それぞれが活躍できるのがいい会社」と、はっきり打ち出しています。そういう定義づけを先にしておくのは重要かもしれません。

エブリイが伸びている背景には、「戦略」と「人材」という2つの軸があります。「人材」の中では、社員同士の協力関係に基づいて会社の組織体を作ろうという目標があって、それに対するアプローチの一つとして「類人猿分類」を使っています。

はじめは違いを知って、驚くだけでいい

岡崎(和):もう一つ、「人間力アップ」を目指す、心理学の手法を取り入れたアプローチもあります。会社なので、「このために事業をしている」という目的がありますね。そこをいつも明確にしながら、達成するためにどうしたらいいかを考えるもので、こちらは1年かけて、幹部を中心に20人くらいの少人数で学んでいく形をとっています。

――「類人猿分類」だけではなくて、複数のアプローチを噛ませながら進めることで、成長し続ける土壌を作っていると。

岡崎(:まあそうは言っても、僕らの大儀としては、最初はただ単に「4タイプ」を知って、驚いてもらうだけでOKと思っています。

岡崎(和):セミナーでも最初のほうは「チンパンジーの考え方はわけわからん。苦手!」と言っているボノボさんなんかがいますが、不思議と、皆さんそこで終わらずにもっと知りたい、先に進みたいと思ってくださる。そういう魅力もあるのだと思います。

――新刊も出ますが、今後の展望はどうお考えですか?

岡崎(真):今はセミナーの講師をやっているのが僕しかいないので、社内体制を整えて、もっといろいろなところでセミナーを出来るようにしたい。僕はチンパンジーなので、同じことを繰り返すのにはモチベーションが上がらないんですよ。ゴリラさんだと、そこは建設的にブラッシュアップする方法を考えられると思うのですが(笑)。

 

類人猿分類セミナーの今後の開催予定については、「類人猿分類特設サイト」にてご案内予定です。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング