自民党総裁選、安倍首相が無投票で再選

野田聖子氏は20人の推薦人を集められず

 9月8日、自民党総裁選挙が告示され、安倍晋三首相(自民党総裁)以外の届け出はなく、党内の全7派閥の支持を受けた安倍氏が無投票再選を決めた。写真は8月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 8日 ロイター] - 自民党総裁選挙が8日告示され、安倍晋三首相(自民党総裁)が立候補の届け出を行った。安倍氏以外の届け出はなく、党内の全7派閥の支持を受けた安倍氏が無投票再選を決めた。新総裁の任期は2018年9月まで。

野田聖子前総務会長が最後まで立候補を模索したが、立候補に必要な20人の推薦人を集めることができず、断念した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。