自民党総裁選、安倍首相が無投票で再選

野田聖子氏は20人の推薦人を集められず

 9月8日、自民党総裁選挙が告示され、安倍晋三首相(自民党総裁)以外の届け出はなく、党内の全7派閥の支持を受けた安倍氏が無投票再選を決めた。写真は8月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 8日 ロイター] - 自民党総裁選挙が8日告示され、安倍晋三首相(自民党総裁)が立候補の届け出を行った。安倍氏以外の届け出はなく、党内の全7派閥の支持を受けた安倍氏が無投票再選を決めた。新総裁の任期は2018年9月まで。

野田聖子前総務会長が最後まで立候補を模索したが、立候補に必要な20人の推薦人を集めることができず、断念した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT