年間55万人!ドイツへの移民が急増している

昨年の移民純流入は20年ぶりの規模を記録

 9月3日、独連邦統計局は2014年の移民の純流入数が55万人と、1992年以来の規模となったと発表した。写真はギリシャ国境を越えマケドニアに入る移民。9月1日撮影。(2015年 ロイター/ Ognen Teofilovski )

[ベルリン 3日 ロイター] - ドイツ連邦統計局は3日、2014年の移民の純流入数(流入数から流出数を差し引いた人数)が55万人となり、1992年以来の規模となったと発表した。難民申請件数は前年比61%増えたという。

移民の大半は、ポーランドを中心とする欧州諸国の出身。ドイツの移民法は比較的リベラルで、支援も手厚いことから、同国は欧州連合(EU)最大の難民受け入れ国となっている。

戦火を逃れるために中東やアフリカから海を渡って来る難民が今年は増える見通しで、80万人程度に膨らむと予想されている。

欧州南東部からの経済移民についてはイタリアからが13%増加。東欧のルーマニア、ブルガリア、クロアチアからも大幅増加した。半面、スペインは26%減、ギリシャは29%減少した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT