文部科学省が青森、愛知、石川、福井の放射能汚染の航空機測定結果を発表、東北~中部の汚染状況が判明

文部科学省が青森、愛知、石川、福井の放射能汚染の航空機測定結果を発表、東北~中部の汚染状況が判明

文部科学省は11月25日、青森、愛知、石川、福井各県の放射能の航空機測定の結果を発表した。これにより、東北から中部までの全域での測定結果が明らかになった。

新たに発表された各地域では、原発事故による高濃度の汚染は確認されない。また、文部科学省は、地形との関係で見ると、奥羽山脈、飯豊山脈、越後山脈、下野山地、関東山地の各山地沿いに、放射性セシウムが沈着している傾向があるとしている。
 
 文部科学省は、引き続き、北海道および西日本でも航空機測定を行う予定だ。


■各地の空間線量率


■各地の土壌のセシウム沈着量


■セシウム沈着量と地形の関係

(出所:文部科学省 写真:東京電力)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。