こんな僕でも何とかなってきた、若い人には一生懸命頑張ってほしい--葉田順治・エレコム社長(第4回)


 今、インドでは携帯電話が月に1000万台、スマホが200万台売れてるんですよ。しかもインドの通話料は1分1セント。携帯電話は持っているけど電気が通っていない村があるから、手回しの充電器を作ってくれなんてニーズもあって面白い。3Gの携帯電話も、採用した通信方式がいきなりLTEだったりしますからね。
 
 インフラ整備に関し、彼らは非常にアドバンテージがある。だから僕は「インドは90%出資して俺がやる!」と考えているわけです。ミドル層でも4億人いますから、彼らに弊社の商品を通してITレベルを上げてもらい、もっと快適に過ごしてほしいと思っています。

--お子さんは御社にいらっしゃるのですか。同族経営にする考えなんですか。

長男と二男は弊社にいます。2人とも他の社員と同じ扱いをしています。まだまだですね。僕は子育て中も今も彼らにちゃんと何かを教えたことがないので、そういう意味ではダメな父親です。やはり自分ではい上がってきてもらわないと。
 
 同族経営になるかは、今のところ半分半分ですね。彼らに適性があれば、という感じです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。