(第24回)トヨタを頂点とする巨大企業集団の構造

トヨタが直接保有する系列会社とは

「持分法適用会社」とは、議決権所有比率が20%以上50%以下の関連会社である。これらについては、対象会社の持ち分割合の純資産のみを取り込む。

トヨタ自動車の場合、持分法適用会社は56社ある。ここには、デンソー、アイシン精機など、よく名を知られた部品メーカーが含まれる。これが普通いわれる「系列企業」に当たると考えられよう。これを便宜上「レベル2」と呼ぼう。

資本金規模でいうと、デンソーが飛びぬけて大きいが、左表に示した企業も、数百億円の規模である。従業員は数万人程度だ。年間売上高は、デンソーを除けば年間数千億円だ。大ざっぱにいえば、連結ベースでトヨタ自動車とデンソー以外の表に掲げた企業を比較すると、従業員数では10分の1から20分の1程度、売上高では20分の1から30分の1程度といえる。

デンソーは、トヨタ自動車の開発部門から1949年に分離独立した企業であるが、現在では世界の主要なメーカーに熱機器(冷暖房や冷却機器)、エンジン関連機器、電気・電子機器関連などを供給している。トヨタ自動車と豊田自動織機が約31%の株式を保有する。信託、金融機関を合わせた上位10株主で51%になる。

アイシン精機は、トヨタ自動車工業(当時)が43年に設立した「東海飛行機」が起源になっている。現在では、ブレーキシステムや、大容量トランスミッションを供給している。トヨタ自動車と豊田自動織機が約29%の株式を保有する。信託、金融機関を合わせた上位10株主で51%だ。

ジェイテクトは、トヨタ自動車工業から41年に分離した豊田工機とベアリングのメーカーである光洋精工が起源だ。軸受やステアリングを供給している。トヨタ自動車、デンソー、豊田自動織機が約31%の株式を保有する。信託、金融機関を合わせた上位10株主で54・46%になる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT