(第23回)大企業が小企業の8割を支配している

(第23回)大企業が小企業の8割を支配している

これまで、次のことを述べてきた。

1.日本では、企業規模によって著しい賃金格差がある。
2.これは、小企業が下請けになっているためである可能性が高い。
3.日本では「小さいこと」は、自由度が高いことではなく、低いことを意味する。

以下では、このことをバランスシートの数字から見よう。

図は、2009年度末に企業が保有する資産のうち、「投資用株式」と「有形固定資産」の2項目を取り上げ、総資産に対する比率を規模別に見たものだ。

前者は、流動資産としての株式と対比されるものであり、長期に保有している株式である。投資対象企業の成長による長期的キャピタルゲインを目的とした保有もあるだろうが、大部分は、相手企業を支配するための株式保有と考えられる。後者は、土地、工場、建物、機械、店舗などであり、事業活動に直接必要とされる資産である。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT