(第23回)大企業が小企業の8割を支配している

(第23回)大企業が小企業の8割を支配している

これまで、次のことを述べてきた。

1.日本では、企業規模によって著しい賃金格差がある。
2.これは、小企業が下請けになっているためである可能性が高い。
3.日本では「小さいこと」は、自由度が高いことではなく、低いことを意味する。

以下では、このことをバランスシートの数字から見よう。

図は、2009年度末に企業が保有する資産のうち、「投資用株式」と「有形固定資産」の2項目を取り上げ、総資産に対する比率を規模別に見たものだ。

前者は、流動資産としての株式と対比されるものであり、長期に保有している株式である。投資対象企業の成長による長期的キャピタルゲインを目的とした保有もあるだろうが、大部分は、相手企業を支配するための株式保有と考えられる。後者は、土地、工場、建物、機械、店舗などであり、事業活動に直接必要とされる資産である。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。