(第22回)系列システムの問題は変化への対応性の欠如

(第22回)系列システムの問題は変化への対応性の欠如

日本の垂直統合は、単一企業によって行われるのでなく、系列企業と形成する企業グループによって行われていると、前回述べた。

技術的観点だけから見れば、垂直統合は一つの会社のほうがやりやすいはずだ。それにもかかわらず別会社とするのは、そのほうが、親会社にとって都合がよい面があるからである。

第一に、賃金格差を実現できる。同一企業内では、能力や成果で大きな賃金格差をつけるのは困難だ。日本のように企業一家的な感覚が強い場合には特にそうだ。しかし、別の会社にすればできる。

企業規模別に著しい賃金格差が存在することは、統計で確かめることができる。その状況は表に示すとおりだ。企業間格差は特に製造業において著しい。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT