大企業からイノベーションが生まれない理由

一度始めた事業に固執して撤退ができない

山田:こうした日本型のイノベーションを成功させる秘訣はどこにありますか。

伊佐山:うまく進めるためには、経営陣を巻き込んで、何度でもトライする文化を普及させることです。「いや、そんなのはもう世の中にあるよ」とか、「そんなの昔、いろいろな人がトライしててダメだよ」という言い方でプロジェクトを潰すのはやめたほうがいい。

1回失敗したものは、実は宝の山ですよ。ベンチャー投資で失敗するケースとは何か。事業の成功の秘訣は何か。こういう話を米国の有名な投資家や経営者とすると、ほとんどの人が「タイミング」といいます。おカネ、技術力、チームも大事ですが、この「タイミング」を間違えたら、成功は難しい。

「タイミング」の重要性

事業が成功する要因の7割ぐらいがタイミングだとすると、この部分は残念ながらコントロールできない。だから打つ回数を増やすしかない。最高のチームを集めました。最高の技術もそろえました。おカネもうなるほど集めました。それでも失敗するプロジェクトがいっぱいある。タイミングをミスすると、そうなっちゃうわけです。

ということは過去に失敗したものであっても、もう一度トライしてもいい。「去年もやったんだけど、去年と今年は違う」ということはあるんです。だけど、突っ込みすぎて脱線しないように、そこは数字で管理し、「ここまで使ってダメだったら撤退しましょう」という形で進めていく必要があります。

山田:大企業は撤退が苦手ですね。いったん始めると止められない。「社長直轄だから」「実力専務のプロジェクトだから」という具合におかしな作用が働いてしまう。

伊佐山:大企業の場合は、プロジェクトを始める前にものすごい時間と調整使うので、1回走り出したら止めにくい。準備期間が多ければ多いほど、迷惑をかける関係者が多くなってしまう。ビジネススクールでは「Escalation of commitment」(立場固定)という言葉で習いますよね。

その点、僕らはパッと始めて3カ月後うまくいかなければ、「はい潰しましょう」と言って潰す。当事者に「潰そう」って言わせるのは、すごく心理的にハードルが上がるので、僕が潰せばいいんです。「ごめんなさい。僕が潰します。皆さんは3カ月間いろいろやってもらってご迷惑をかけたけれど、皆さんが悪いわけじゃなくて、僕の見立てが悪かった。また新しいプロジェクトをやりましょうね」って言ってしまえばいい。こうすれば、お互い無駄な時間とリソースを費やさずにハッピーだと思うんですよね。

※後編は8月27日公開予定です

(撮影:今井康一)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT