ソニー「ピクセル」は中国を配慮して作られた

中国を揶揄するようなストーリーを削除

ソニーの映画「ピクセル」は、万里の長城は破壊しない。なぜなのだろうか。

[香港/ロサンゼルス(ロイター)] - 映画「ピクセル」の2013年版の脚本では、銀河系を行き来するエイリアンが中国が誇る国宝の一つ、万里の長城に風穴を開ける。

ところがアダム・サンドラーが出演し、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントから7月25日に全米で封切られた、このSFコメディの最終版から、このシーンはなくなっている。エイリアンが攻撃する伝説的な場所は別のところとなっており、インドのタージ・マハール、ワシントン記念塔やマンハッタンの各所である。

ソニー幹部が万里の長城をはずしたのは、中国での上映許可が下りるかどうかを心配したからであると、ソニー・ピクチャーズの内部メールが明らかにしている。これはソニーの経営陣が、中国当局が同国に悪いイメージを与えると解釈するのではないかと恐れる、映画の内容を取り除くことを狙った一連の変更の一部にすぎない。

中国の陰謀というストーリーを削除

万里の長城のシーンと併せて、中国が攻撃の背後にいる犯人である可能性に触れたシーンと、「共産主義陰謀同志」がメールサーバーをハッキングしたという言及もなくなったが、全ては世界で2番目に大きな興行収益に「ピクセル」が食い込む機会を増すためである。

「それが世界的な事件ということであれば、万里の長城に穴を開けることは問題ではないかもしれませんが、実際はそうではありません。利益にならないのだから、そのシーンは入れないよう勧めます」と、中国のソニー・ピクチャーズ主任代表であるリ・チョウは、ソニー上級幹部への2013年12月のメールの中で書いている。

リのメッセージは、昨年後半ハッキング被害に遭い、一般に公開されたソニーの内密メール数万通の中の一通である。アメリカ政府はこの漏洩を北朝鮮の責任とした。4月にはウィキリークスが、ソニーのハッキング事件から流出したメール、メモ、プレゼンテーション資料の山をオンラインの検索可能なアーカイブに公表した。

次ページ日本のソニーの反応は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。