孫文 その指導者の資質 舛添要一著

孫文 その指導者の資質 舛添要一著

今から100年前の1911年、辛亥革命を成功させ、秦の始皇帝以来2000年以上も続いてきた専制君主制にピリオドを打ち、共和制を確立した中国の英雄・孫文。どんな人物だったのか、政治指導者としていかに優れていたのかに、孫文と交流があった日本人の証言など交えながら、迫っていく。

参議院議員で国際政治学者である著者は、孫文を決してめげない“失敗の英雄”と呼ぶ。辛亥革命を成し遂げるまでに、何度も革命に挫折。その数や10回以上である。しかし、孫文はつねに楽天的で前向き思考であり、絶対にあきらめることがなかったという。

孫文の姿を通して、いま求められるリーダー像をも探っている。

角川ONEテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT