天使と悪魔 秦剛平著

天使と悪魔 秦剛平著

中世の宗教画を中心にした200点が詳細に解説されるのだが、宗教界の堕落を反映して司教や司祭に厳しい絵が多いのが目につく。天使の起源、悪魔の来歴、悪魔の誘惑と聖人、死神、煉獄と地獄、天国とイェルサレムの6講から成る講義録だが、辛口のジョーク、皮肉、揶揄にあふれていて非常に読みやすい。ユダヤ・キリスト教研究の第一人者である著者の態度は一貫してシニカルで、「神学というのは荒唐無稽なことを想像する虚学の一つ」など、そこまで言って大丈夫かと随所で心配になる。

多様な絵画の意図を理解し聖書をめぐる事実や教義、歴史、その深層を知ることは宗教からの距離とは関係なく極めて重要であるだろう。魂の重さを量るミカエルの天秤についての記述、七つの大罪の話、裏切りペトロやユダの見方、天国と地獄にまつわる矛盾の指摘など、興味をそそられる話題が次々に登場して楽しい。図版がカラーならさらに楽しめただろう。(純)

青土社 2520円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT