住みやすい都市、最下位はダマスカス

トップは5年連続でメルボルン

 8月20日、英誌エコノミストの調査部門EIUがまとめた「世界で最も住みやすい都市」のランキングで、オーストラリアのメルボルンが5年連続で1位となった。写真は同市で2010年6月撮影(2015年 ロイター/Mick Tsikas)

[20日 ロイター] - 英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた「世界で最も住みやすい都市」のランキングで、オーストラリアのメルボルンが5年連続で1位となった。

EIUは世界の140都市を対象に、安定性、医療、文化・環境、教育、インフラなどの項目を基に「住みやすさ」を数値化。2位にはオーストリアのウィーン、3位にはカナダのバンクーバーがランクインした。

また上位10都市の中にオーストラリアは4都市、カナダは3都市が入った。

一方、最下位は昨年同様シリアのダマスカス。バングラデシュのダッカ、パプアニューギニアのポートモレスビー、ナイジェリアのラゴス、リビアのトリポリが最下位に続いた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
<a href="https://bit.ly/2SmSYaR" target="_blank">新型肺炎で中国大停滞<br>アップル供給網に打撃</a>

新型コロナウイルスの拡大に伴う人の移動の制限によって、中国では企業活動の停滞が深刻です。iPhone生産にも甚大な影響が。組み立てを担う台湾・鴻海グループの鄭州工場は今……。「財新」特約のデジタル版連載「疫病都市」の続編です。