住みやすい都市、最下位はダマスカス

トップは5年連続でメルボルン

 8月20日、英誌エコノミストの調査部門EIUがまとめた「世界で最も住みやすい都市」のランキングで、オーストラリアのメルボルンが5年連続で1位となった。写真は同市で2010年6月撮影(2015年 ロイター/Mick Tsikas)

[20日 ロイター] - 英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた「世界で最も住みやすい都市」のランキングで、オーストラリアのメルボルンが5年連続で1位となった。

EIUは世界の140都市を対象に、安定性、医療、文化・環境、教育、インフラなどの項目を基に「住みやすさ」を数値化。2位にはオーストリアのウィーン、3位にはカナダのバンクーバーがランクインした。

また上位10都市の中にオーストラリアは4都市、カナダは3都市が入った。

一方、最下位は昨年同様シリアのダマスカス。バングラデシュのダッカ、パプアニューギニアのポートモレスビー、ナイジェリアのラゴス、リビアのトリポリが最下位に続いた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT