住みやすい都市、最下位はダマスカス

トップは5年連続でメルボルン

 8月20日、英誌エコノミストの調査部門EIUがまとめた「世界で最も住みやすい都市」のランキングで、オーストラリアのメルボルンが5年連続で1位となった。写真は同市で2010年6月撮影(2015年 ロイター/Mick Tsikas)

[20日 ロイター] - 英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた「世界で最も住みやすい都市」のランキングで、オーストラリアのメルボルンが5年連続で1位となった。

EIUは世界の140都市を対象に、安定性、医療、文化・環境、教育、インフラなどの項目を基に「住みやすさ」を数値化。2位にはオーストリアのウィーン、3位にはカナダのバンクーバーがランクインした。

また上位10都市の中にオーストラリアは4都市、カナダは3都市が入った。

一方、最下位は昨年同様シリアのダマスカス。バングラデシュのダッカ、パプアニューギニアのポートモレスビー、ナイジェリアのラゴス、リビアのトリポリが最下位に続いた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。