井上礼之・ダイキン会長兼CEO--「あかんたれ」が空調世界一、人好き・帰属感・衆議独裁《下》

「エアコンに対する思想が変わったからや。欧州でもルームエアコンは必需品になる。思い切って増産投資や」。現場を歩いてきた井上の直感だった。業務用エアコンを生産する予定だったチェコ工場の図面を引き直し、翌年、本格的にルームエアコンの欧州域内生産を開始した。

迷ったとき、井上は時計の振り子を大きく振ってみる。「皆が右や言うときは、左やったら何であかんのや、を考える。上司と部下の意見が分かれたら、第三の道を見つけるのがトップの仕事や」。欧州の構造変化は読みどおり。90年代に200億円程度だった売上高は、今や2000億~3000億円。安定した収益柱になった。

戦線復帰。買収と提携で世界企業へ

本来なら、井上は04~05年あたりでCEOを退任し、財界活動に軸足を移していたかもしれない。全幅の信頼を置ける後継者を見いだしていたからだ。02年に社長に就任した北井啓之(現顧問)である。

北井は入社来の企画畑で、井上とひざ突き合わせて戦略を練った相手。「イノベーターですよ。将来のために過去を破壊していくんだという、創造的破壊を実践できる男」。

ところが、就任1年半後、北井は大病に見舞われる。副社長の岡野幸義を昇格させたが、井上は再び経営の第一線に復帰した。

社長の座を譲る前年、井上は関西経済連合会の副会長に就任している。会長への意欲がなきにしもあらず、と見られていたが、再三の就任要請をはねつけた。「ずーっと断り続けた。(関経連会長は)一度も考えたことない」。北井が降板した以上、自分がダイキンの舵を取らねば、誰が取る。財界活動している余裕はなくなった、ということだろう。

この後ダイキンの海外展開・成長は一段と加速する。「確固たる信念を持って、決断すべきときにすごみのある決断をする」。井上の20年来の友人、商船三井元会長の生田正治が評すように、二つの決断がダイキンを世界企業へと押し上げた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT