井上礼之・ダイキン会長兼CEO--「あかんたれ」が空調世界一、人好き・帰属感・衆議独裁《下》

井上礼之・ダイキン会長兼CEO--「あかんたれ」が空調世界一、人好き・帰属感・衆議独裁《下》

まさしく八方ふさがり。「明るく」するには、「夢中になる仕事」を立ち上げるしかない。夢中になる仕事とは何か。米国に輸出できないなら、そこに工場を造ろう。賛成したのは、社長の山田ただ一人だった。

真っすぐ敵の胸元に飛び込んだ。安売りはしない、用途を開発して新市場を開く。デュポンも「それなら、ウエルカム」となった。

「用地を探す、工場を建てるということで100人近くが米国に行った。ABCも知らない、海外は初めてという職場長クラスが行ったわけ。明るくなりましたよ」

「一流の戦略より一流の実行力」が井上のモットーだ。どんな立派な戦略でも、作り上げたときには時代が追い越している。「二流の戦略でも『こうや!』と決めて実行し、そのうえで戦略を変えていく」。それにはトップが現場にいることである。

社長就任直後、シェア6%のルームエアコンが競争力を失い、赤字に転落したことがあった。機関投資家は資本の論理を盾に、撤退を要求する。経営陣の中でも、「シェア30%の業務用エアコンに集中したほうがいい」という声が高まった。

だが、販売網も生産体制もある。何より、長年事業に携わってきた社員が大勢いる。井上はルームエアコンの滋賀製作所へ乗り込んだ。

資本の論理は無視できない。が、四半期ごとに結果を出せ、というようなアングロサクソン流のむちゃは言わない。「開発1年。事業(再生)2年」。“人間的な”デッドラインを宣告した。「人というのは、追い込まれると、とんでもない力を発揮するんですよ」。出てきたのが、無給水加湿のルームエアコン、『うるるとさらら』だ。この大ヒットでパナソニックを抜き、国内首位を奪取した。

03年夏には、欧州でエアコンが供給不足に陥った。ぜいたく品とされていたルームエアコンが、猛暑を機に一気に売れ出したのだ。一過性のニーズか構造変化が起こっているのか。会議を重ねたが、答えは出ない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。