アンディ・マリー、ジョコビッチを下し優勝

ロジャーズ杯決勝は6-4、4-6、6-3

 8月16日、テニスのロジャーズ杯、男子シングルス決勝、第2シードのアンディ・マリー(右)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(左)を6─4、4─6、6─3で制し、優勝した(2015年 ロイター/Eric Bolte-USA TODAY Sports)

[モントリオール 16日 ロイター] - テニスのロジャーズ・カップ(杯)は16日、モントリオールで男子シングルス決勝を行い、第2シードのアンディ・マリー(英国)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6─4、4─6、6─3で制し、優勝した。

マリーはジョコビッチに2013年のウィンブルドン決勝以来、9戦ぶりに勝利。最新の世界ランキングでは3位から2位に上がることが確定した。

熱戦を終えると「ジョコビッチはとても強いし、簡単ではない。世界ランク1位だし、今季マスターズ・シリーズでは無敗だった」と賛辞を贈った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。