アンディ・マリー、ジョコビッチを下し優勝

ロジャーズ杯決勝は6-4、4-6、6-3

 8月16日、テニスのロジャーズ杯、男子シングルス決勝、第2シードのアンディ・マリー(右)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(左)を6─4、4─6、6─3で制し、優勝した(2015年 ロイター/Eric Bolte-USA TODAY Sports)

[モントリオール 16日 ロイター] - テニスのロジャーズ・カップ(杯)は16日、モントリオールで男子シングルス決勝を行い、第2シードのアンディ・マリー(英国)が第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6─4、4─6、6─3で制し、優勝した。

マリーはジョコビッチに2013年のウィンブルドン決勝以来、9戦ぶりに勝利。最新の世界ランキングでは3位から2位に上がることが確定した。

熱戦を終えると「ジョコビッチはとても強いし、簡単ではない。世界ランク1位だし、今季マスターズ・シリーズでは無敗だった」と賛辞を贈った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。