錦織がマリーに敗退、決勝進出ならず

ロジャーズ杯準決勝で3-6、0-6

Aug 15, 2015; Montreal, Quebec, Canada; Andy Murray of Great Britain hits a shot against Kei Nishikori of Japan (not pictured) during the Rogers Cup tennis tournament. Mandatory Credit: Jean-Yves Ahern-USA TODAY Sports

[モントリオール 15日 ロイター] - テニスのロジャーズ・カップ(杯)は15日、モントリオールで男子シングルス準決勝を行い、第4シードの錦織圭は第2シードのアンディ・マリー(英国)に3─6、0─6で敗れ、決勝進出は果たせなかった。

第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)はジェレミー・シャルディー(フランス)にストレート勝ち。同大会4回目の優勝にあと1勝とした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。