錦織がラファエル・ナダルに初勝利

ロジャーズ・カップで4強入り

Aug 14, 2015; Montreal, Quebec, Canada; Kei Nishikori of Japan and Rafael Nadal of Spain shake hands after their match during the Rogers Cup tennis tournament at Uniprix Stadium. Mandatory Credit: Eric Bolte-USA TODAY Sports

[14日 ロイター] - テニスのロジャーズ・カップは14日、モントリオールで男子シングルス準々決勝を行い、第4シードの錦織圭は第7シードのラファエル・ナダル(スペイン)に6─2、6─4でストレート勝ちした。

錦織は通算8回目の対戦でナダルに初勝利。準決勝では第2シードのアンディ・マリー(英国)─第10シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)戦の勝者と戦う。

世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)はエルネスツ・ガルビス(ラトビア)にフルセットで勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。