錦織がラファエル・ナダルに初勝利

ロジャーズ・カップで4強入り

Aug 14, 2015; Montreal, Quebec, Canada; Kei Nishikori of Japan and Rafael Nadal of Spain shake hands after their match during the Rogers Cup tennis tournament at Uniprix Stadium. Mandatory Credit: Eric Bolte-USA TODAY Sports

[14日 ロイター] - テニスのロジャーズ・カップは14日、モントリオールで男子シングルス準々決勝を行い、第4シードの錦織圭は第7シードのラファエル・ナダル(スペイン)に6─2、6─4でストレート勝ちした。

錦織は通算8回目の対戦でナダルに初勝利。準決勝では第2シードのアンディ・マリー(英国)─第10シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)戦の勝者と戦う。

世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)はエルネスツ・ガルビス(ラトビア)にフルセットで勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。