錦織がラファエル・ナダルに初勝利

ロジャーズ・カップで4強入り

Aug 14, 2015; Montreal, Quebec, Canada; Kei Nishikori of Japan and Rafael Nadal of Spain shake hands after their match during the Rogers Cup tennis tournament at Uniprix Stadium. Mandatory Credit: Eric Bolte-USA TODAY Sports

[14日 ロイター] - テニスのロジャーズ・カップは14日、モントリオールで男子シングルス準々決勝を行い、第4シードの錦織圭は第7シードのラファエル・ナダル(スペイン)に6─2、6─4でストレート勝ちした。

錦織は通算8回目の対戦でナダルに初勝利。準決勝では第2シードのアンディ・マリー(英国)─第10シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)戦の勝者と戦う。

世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)はエルネスツ・ガルビス(ラトビア)にフルセットで勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。