錦織がラファエル・ナダルに初勝利

ロジャーズ・カップで4強入り

Aug 14, 2015; Montreal, Quebec, Canada; Kei Nishikori of Japan and Rafael Nadal of Spain shake hands after their match during the Rogers Cup tennis tournament at Uniprix Stadium. Mandatory Credit: Eric Bolte-USA TODAY Sports

[14日 ロイター] - テニスのロジャーズ・カップは14日、モントリオールで男子シングルス準々決勝を行い、第4シードの錦織圭は第7シードのラファエル・ナダル(スペイン)に6─2、6─4でストレート勝ちした。

錦織は通算8回目の対戦でナダルに初勝利。準決勝では第2シードのアンディ・マリー(英国)─第10シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)戦の勝者と戦う。

世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)はエルネスツ・ガルビス(ラトビア)にフルセットで勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 小幡績の視点
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。