錦織がラファエル・ナダルに初勝利

ロジャーズ・カップで4強入り

Aug 14, 2015; Montreal, Quebec, Canada; Kei Nishikori of Japan and Rafael Nadal of Spain shake hands after their match during the Rogers Cup tennis tournament at Uniprix Stadium. Mandatory Credit: Eric Bolte-USA TODAY Sports

[14日 ロイター] - テニスのロジャーズ・カップは14日、モントリオールで男子シングルス準々決勝を行い、第4シードの錦織圭は第7シードのラファエル・ナダル(スペイン)に6─2、6─4でストレート勝ちした。

錦織は通算8回目の対戦でナダルに初勝利。準決勝では第2シードのアンディ・マリー(英国)─第10シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)戦の勝者と戦う。

世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)はエルネスツ・ガルビス(ラトビア)にフルセットで勝利した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。