ビジネスマンのための「行動観察」入門 松波晴人著

ビジネスマンのための「行動観察」入門 松波晴人著

欧米ではユーザーの利用方法を観察してデザインに生かしたり、職場での行動を観察して生産性の向上に生かす事例が増えている。勘と経験の側面が強かった現場をどう科学的に分析するか。米国で行動観察を学んだ著者はデータ化が困難な「経験」を科学するには、人間の行動を観察することが必要だと指摘する。

アンケートやインタビューといった従来の方法でわかるニーズは、顧客が自分で言語化した「顕在ニーズ」だけ。しかし顧客の行動をつぶさに観察していくと、彼ら自身も言語化できていない「潜在ニーズ」が浮かんでくる。マーケティングの世界で注目を集め始めた「行動観察」について、事例を挙げながらノウハウを教える。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT