書くことが思いつかない人のための文章教室 近藤勝重著

書くことが思いつかない人のための文章教室 近藤勝重著

学生の頃、書くことが思いつかなくて作文の課題に四苦八苦した人も多いだろう。コラムニストである著者は、作文などの文章は、見たこと聞いたことを含めた自身の体験を書くことだから、それは文章の基になる体験がうまく引き出せないだけだと説く。

いい文章=「独自の内容」+「伝わる表現」と定義、そのための実践的な方法論を説いている。自らがとらえた事象や考え、意見を筋道立てて表現する術から始まり、ひねりの利いた比喩の見つけ方、インパクトのある書き出し方など、古今東西の名文を例に伝授してくれる。

俳優・岸辺一徳を細部にこだわって描写しなさいなど、意表を突く課題が随所にちりばめられている。

幻冬舎新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。