書くことが思いつかない人のための文章教室 近藤勝重著

書くことが思いつかない人のための文章教室 近藤勝重著

学生の頃、書くことが思いつかなくて作文の課題に四苦八苦した人も多いだろう。コラムニストである著者は、作文などの文章は、見たこと聞いたことを含めた自身の体験を書くことだから、それは文章の基になる体験がうまく引き出せないだけだと説く。

いい文章=「独自の内容」+「伝わる表現」と定義、そのための実践的な方法論を説いている。自らがとらえた事象や考え、意見を筋道立てて表現する術から始まり、ひねりの利いた比喩の見つけ方、インパクトのある書き出し方など、古今東西の名文を例に伝授してくれる。

俳優・岸辺一徳を細部にこだわって描写しなさいなど、意表を突く課題が随所にちりばめられている。

幻冬舎新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。