書くことが思いつかない人のための文章教室 近藤勝重著

書くことが思いつかない人のための文章教室 近藤勝重著

学生の頃、書くことが思いつかなくて作文の課題に四苦八苦した人も多いだろう。コラムニストである著者は、作文などの文章は、見たこと聞いたことを含めた自身の体験を書くことだから、それは文章の基になる体験がうまく引き出せないだけだと説く。

いい文章=「独自の内容」+「伝わる表現」と定義、そのための実践的な方法論を説いている。自らがとらえた事象や考え、意見を筋道立てて表現する術から始まり、ひねりの利いた比喩の見つけ方、インパクトのある書き出し方など、古今東西の名文を例に伝授してくれる。

俳優・岸辺一徳を細部にこだわって描写しなさいなど、意表を突く課題が随所にちりばめられている。

幻冬舎新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT