日本のデザイン 美意識がつくる未来 原研哉著

日本のデザイン 美意識がつくる未来 原研哉著

ロックミュージシャンのミック・ジャガーに若さはすでにないが、多くの時間をロックスターとして生き抜いてきたことで強烈な存在感が醸成されている。著者は、高齢化社会を考えるとき、いつもこの人物を思い出し、一つの態度に回帰するという。そこに平衡や均衡への配慮はない。あるのは超然とした大人のプリンシパルである。

高齢化社会の日本では、能動性の根拠を若さや年齢に求めるのではなく、購買力や経験値、目利きや破格さなどに置けば、これまでとは別の能動性や市場を社会に喚起できると示唆する。

根本的な変更を迫られている日本にとって必要な「資源」は感受性であると、日本を代表するデザイナーが説く。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT