日本のデザイン 美意識がつくる未来 原研哉著

日本のデザイン 美意識がつくる未来 原研哉著

ロックミュージシャンのミック・ジャガーに若さはすでにないが、多くの時間をロックスターとして生き抜いてきたことで強烈な存在感が醸成されている。著者は、高齢化社会を考えるとき、いつもこの人物を思い出し、一つの態度に回帰するという。そこに平衡や均衡への配慮はない。あるのは超然とした大人のプリンシパルである。

高齢化社会の日本では、能動性の根拠を若さや年齢に求めるのではなく、購買力や経験値、目利きや破格さなどに置けば、これまでとは別の能動性や市場を社会に喚起できると示唆する。

根本的な変更を迫られている日本にとって必要な「資源」は感受性であると、日本を代表するデザイナーが説く。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。