資産フライト 「増税日本」から脱出する方法 山田順著

資産フライト 「増税日本」から脱出する方法 山田順著

著者の密着ルポによれば、セレブばかりでなくOLや高齢者にも、現金を携帯して海外に口座を開く人たちが急増している。法律上の税務署届け出義務は適用下限額が100万円超だが、違法行為と知りながら、それを超える現金を持ち出す。

ゼロ金利と旧態依然の手数料体系での運用を見放しているからだ。その口座開設先は香港が目立つが、ほかにアジアではシンガポール、欧州ではスイス、ルクセンブルクなど。オフショアやタックスヘイブン、たとえばカリブ海のケイマン諸島やバージン諸島などもある。

国内失望はベンチャー企業にも広がる。外資系ファンドの支援を受け、海外市場狙いの例も多くなっている。

文春新書 788円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT