資産フライト 「増税日本」から脱出する方法 山田順著

資産フライト 「増税日本」から脱出する方法 山田順著

著者の密着ルポによれば、セレブばかりでなくOLや高齢者にも、現金を携帯して海外に口座を開く人たちが急増している。法律上の税務署届け出義務は適用下限額が100万円超だが、違法行為と知りながら、それを超える現金を持ち出す。

ゼロ金利と旧態依然の手数料体系での運用を見放しているからだ。その口座開設先は香港が目立つが、ほかにアジアではシンガポール、欧州ではスイス、ルクセンブルクなど。オフショアやタックスヘイブン、たとえばカリブ海のケイマン諸島やバージン諸島などもある。

国内失望はベンチャー企業にも広がる。外資系ファンドの支援を受け、海外市場狙いの例も多くなっている。

文春新書 788円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。