資産フライト 「増税日本」から脱出する方法 山田順著

資産フライト 「増税日本」から脱出する方法 山田順著

著者の密着ルポによれば、セレブばかりでなくOLや高齢者にも、現金を携帯して海外に口座を開く人たちが急増している。法律上の税務署届け出義務は適用下限額が100万円超だが、違法行為と知りながら、それを超える現金を持ち出す。

ゼロ金利と旧態依然の手数料体系での運用を見放しているからだ。その口座開設先は香港が目立つが、ほかにアジアではシンガポール、欧州ではスイス、ルクセンブルクなど。オフショアやタックスヘイブン、たとえばカリブ海のケイマン諸島やバージン諸島などもある。

国内失望はベンチャー企業にも広がる。外資系ファンドの支援を受け、海外市場狙いの例も多くなっている。

文春新書 788円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。