資産フライト 「増税日本」から脱出する方法 山田順著

資産フライト 「増税日本」から脱出する方法 山田順著

著者の密着ルポによれば、セレブばかりでなくOLや高齢者にも、現金を携帯して海外に口座を開く人たちが急増している。法律上の税務署届け出義務は適用下限額が100万円超だが、違法行為と知りながら、それを超える現金を持ち出す。

ゼロ金利と旧態依然の手数料体系での運用を見放しているからだ。その口座開設先は香港が目立つが、ほかにアジアではシンガポール、欧州ではスイス、ルクセンブルクなど。オフショアやタックスヘイブン、たとえばカリブ海のケイマン諸島やバージン諸島などもある。

国内失望はベンチャー企業にも広がる。外資系ファンドの支援を受け、海外市場狙いの例も多くなっている。

文春新書 788円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT