「始末」ということ 山折哲雄著

「始末」ということ 山折哲雄著

死は誰にも訪れる不可避なもので、いつどのように自分の身にやってくるのかは誰にもわからない。自らも僧籍を持つ著者は、著名な宗教者が立派な死を迎えたのは、宗教的に高いステージに達していたからではなく、人の死をたくさん見つめることによって自分の最期への覚悟が据わっていたからだという。

齢80歳を迎え自分の死と向き合う覚悟を決めた著者が、死に際して自分の人生にけじめをつけることを「始末」という言葉であらためてとらえ直し、死が見えにくくなっている現代社会における死の作法について説く。いかに生きるかを考えるのと同じように、いかに死を迎えるか、人生にどう始末をつけるかを考えておくことが大事だと語る。

角川ONEテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT