物理数学の直観的方法〈普及版〉 理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬 長沼伸一郎著

物理数学の直観的方法〈普及版〉 理工系で学ぶ数学「難所突破」の特効薬 長沼伸一郎著

理科系の大学に進学すると、習う数学や物理学は高校までのような具体的な内容ではなく、一気に抽象的なものに変わる。rotなど見たことのない記号も増える。このrotは通常ベクトル解析で教え、電磁気学の中に登場する。ベクトル場を水流と考えたとき、rotはその流れの中にある微小な水車の回転速度と解釈できるなど、イメージによって最小限の努力で本質部分を納得させようとする。

線積分、面積分、全微分、テイラー展開、固有値、ベクトル解析、フーリエ変換、そして複素積分など、大胆なイメージ化により、難解な概念を短時間でマスターさせ、理工系学生の前に立ちはだかる数学の「10の難所」の直感的な理解に導く。

講談社ブルーバックス 1092円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。