15世紀の沈没船から「海の怪獣」船首像

専門家「想像以上に奇抜な見た目」との意見

 8月11日、スウェーデン南部ロンネビ沖のバルト海で、ライオンのような耳、ワニのような顎を持つ「海の怪獣」を表した木彫りの船首像が引き揚げられた。提供写真(2015年 ロイター)

[ロンネビ沖(スウェーデン) 11日 ロイター] - スウェーデン南部ロンネビ沖のバルト海で11日、ライオンのような耳、ワニのような顎を持つ「海の怪獣」を表した木彫りの船首像が引き揚げられた。

航行中の火災で沈没したとされる15世紀のデンマークの軍艦からダイバーらが発見した。

船体はひどく損傷しているものの、その他の遺物の保存状態は同時代の沈没船としてはかなり良いという。

船首像のどう猛な顔つきは敵を威嚇する意図があったとされる。

海洋考古学の専門家は「空想上の生き物だと考えるが、想像以上に奇抜な見た目で驚いた」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT