15世紀の沈没船から「海の怪獣」船首像

専門家「想像以上に奇抜な見た目」との意見

 8月11日、スウェーデン南部ロンネビ沖のバルト海で、ライオンのような耳、ワニのような顎を持つ「海の怪獣」を表した木彫りの船首像が引き揚げられた。提供写真(2015年 ロイター)

[ロンネビ沖(スウェーデン) 11日 ロイター] - スウェーデン南部ロンネビ沖のバルト海で11日、ライオンのような耳、ワニのような顎を持つ「海の怪獣」を表した木彫りの船首像が引き揚げられた。

航行中の火災で沈没したとされる15世紀のデンマークの軍艦からダイバーらが発見した。

船体はひどく損傷しているものの、その他の遺物の保存状態は同時代の沈没船としてはかなり良いという。

船首像のどう猛な顔つきは敵を威嚇する意図があったとされる。

海洋考古学の専門家は「空想上の生き物だと考えるが、想像以上に奇抜な見た目で驚いた」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT