全米が熱狂した“究極の財宝”の発見劇

魔の海からついに姿を現した!

「黄金のアーク」。中央の扉を開けた空洞には残りのパーツが入っていたはずだ
世界と人類の歴史に残る数多くの謎。その一つである財宝伝説。本当ならこの手で確かめてみたい。そんな思いから始まったのが、TBSテレビ『財宝伝説は本当だった 今夜ついに大発見SP』だ。
2014年正月の第1弾に続き、2015年1月3日(土)夜18時から3時間にわたって放送となる第2弾。本編公開を控え、今回発掘に挑んだ財宝伝説の裏側について、12月31日配信の前回記事(「魔の三角地帯」に沈む財宝伝説は本当だった)に続くリポートをお届けする。

 

今回の発掘プロジェクトで狙う「1715スペイン財宝船団」。今から300年前にハリケーンによってバミューダ海域に沈んだこの船の財宝はいくつか引き上げられているが、まだ海底には現在の価値に直して300億円近くのクイーンズジュエリーが眠ったままだといわれる。

スペイン王妃の秘宝

その目玉が、「アーク」と呼ばれる黄金の装飾品だ。アークとは「聖体容器、聖(せい)櫃(ひつ)、聖体箱」と呼ばれ、キリストの絵や分身、聖書の言葉を入れて飾られた装飾品の1つである。有名なインディ・ジョーンズの映画「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」もこのアークの事を指している。アークは棺のような大きな物から、小さなケースまで形や大きさはさまざまだ。

実は今から25年前、海底に眠る「黄金のアーク」は発見されている。四角いプレート状でサイズは15cm×5cmほど。全体にきめ細やかな装飾が施された一品だ。「日本人が持つお守りのようなものだ」と、米国の水中考古学者が説明してくれた。

その眩いばかりに光り輝く「黄金のアーク」(記事冒頭の写真)に付けられた価値は、何と約8000万円なのだが、このアークにはさらなる“伝説”がある。中央の扉を開けたときに見られる空洞。これは1715財宝船団が沈没したときに、失われてしまったままなのだ。もしも残りのパーツが発見され完全な姿が蘇った時、その価値は数億円にまで跳ね上がるという。この残りのパーツである「失われた黄金のアーク」こそが、今回番組が狙う究極のクイーンズジュエリーだ。

次ページどうやって探すのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。