100のモノが語る世界の歴史 1、2、3 ニール・マクレガー著/東郷えりか訳

100のモノが語る世界の歴史 1、2、3 ニール・マクレガー著/東郷えりか訳

全3巻の邦訳が完結した。大英博物館の膨大な所蔵品から100点を精選。人類の遺物という物証の詳細な解読によって世界の歴史を再構成した。館長で美術史家の著者は、文明が何を作り上げ、何を捨てて現在に至ったか、豊かな知識と巧みな文章で記述する。

選ばれた所蔵品は、200万年前の石器から、唐三彩、インカの黄金像、フラドタブレットといった古今の逸品ばかりではない。日本からは縄文のつぼ、銅鏡、柿右衛門の象、北斎「神奈川沖浪裏」を収載。見逃されてしまいそうな地味な物も多く含まれ、そうした物から意外な制作動機、作り手の素性、消えた文明の素顔が、ミステリーを読むように浮かび上がってくる。

物には固有の来歴がある。その痕跡を子細に調べ、想像力を働かせると、そこから声なき声が聞こえる。とかく先進国の博物館は展示品が略奪物だと非難されがちだが、語り手の卓越した理解力と臨場感で、その役割を再認識させられる。

筑摩選書 1=1995円

  

筑摩選書 2=2205円

  

筑摩選書 3=2205円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。