新発見!トリケラトプス似の恐竜の正体

<動画>1000種以上の新種が見つかる可能性

7500万年前に生息していたらしい新種の恐竜「ペンタケラトプス・アクイロニウス」

英国人の古生物学者が、カナダの博物館で化石の調査中、恐竜の新種を発見した。ペンタケラトプス・アクイロニウスはトリケラトプスと関係があり、白亜紀末期、7500万年前頃に生息していたと考えられている。いったい、どのような恐竜なのだろうか。

この新種は、発見された恐竜の中で最新のものだ。ペンタケラトプス・アクイロニウスの遺物は実は、オタワにあるカナダ自然博物館に75年ほどの間保管されていた。

しかし現在これらはしかるべき調査を受けている。この化石に光が当てられたのは、バース大学の古生物学者であるニック・ロングリッチ博士のおかげだ。保管されている化石の調査をしている最中に、博士は、アメリカ大陸南西部にいたペンタケラトプス種に似た特有の特徴がある化石があることに気づいた。

恐竜の発見ペースは加速している

音量にご注意ください(ナレーションは英語です)

ロングリッチ博士は、自分の発見は氷山の一角にすぎず、これを発端として古生物学的な大きな発見が次々に明らかになってくるのではないか、という。

ロングリッチ博士はこう語る。「最近は恐竜の発見のペースは速くなっており、そのことが暗示しているのは、我々は実在していた恐竜種の総数に遠く及ばない数程度の種しか発見していないかもしれないということです。ですから私は、我々が博物館の収蔵品に目を向けて再び調査し、それをもとにフィールド調査を行えば、100種単位の数の恐竜の新種を発見できると推測しています。最終的には地球上に1000種単位の新種が埋もれていたことがわかるかもしれません」。

伝説的なトリケラトプスと関連しているペンタケラトプス・アクイロニウスは水牛程度の大きさで、草食性だったと考えられている。ペンタケラトプス・アクイロニウスは7500万年前頃、現在カナダの州となっているアルバータ近くの地域に生息していたとされている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。