計画と無計画のあいだ 三島邦弘著

計画と無計画のあいだ 三島邦弘著

本の編集者に求められる能力をご存知だろうか。「受けの力」である。書き手という「言葉の魔術師」「人生の達人」が投げ放つ「魔球」、つまり「すごい話」「誰かに絶対に届けないといけない言葉」を、流してしまえばいいものまで含め、「何かがある」と思ってしまう能力だ。出版社を起こそうとするなら、このセンスが欠かせない。

本書の著者が5年前に単身起こした「自由が丘のほがらかな出版社」は、現在7人の陣容で、書店との直取引、手書きの出版便りといった「原点回帰」の営業スタイルで気を吐く。そのエピソードが数々の「受けの力」とともにつづられる。

「出版社を作ろう!」と思いついた途端、目の前に驚くくらい前日と違う光景が広がって、草木はもちろん、空気さえもキラキラと輝いて目に飛び込んできたと、著者は言う。その喜びを疑似体験するだけではなく、自らも起業したくなる、本好きにはたまらない書籍愛に満ちている。

河出書房新社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT