次期ヘリに富士重工を選定したのは間違いだ

やはり世界市場の動向を見ていない

川崎重工案を選べばヘリメーカーの統合・再編が進む可能性もあった。UH-Xの契約が獲得できなれば富士重工のヘリ部門は新規へのヘリ生産がなくなり、事業を継続することが困難となる。であれば、3社あるヘリメーカーが2社となり、将来のわが国のヘリメーカー再編に途をつけることになっただろう。

川崎重工案はヘリメーカーの統合再編が進む可能性

だが、富士重工が契約を獲得したことによって、今後もわが国の「国営ヘリ産業」は不毛な「三国志」状態が続くことになる。だがそれは税金の浪費に過ぎない。国内ヘリメーカーは防衛省需要に寄生しており、BK117を除けば国内民間市場はもちろん、海保や警察、消防などの市場でもほぼゼロだ。しかも3社で同じような開発費を投じている。日本全体で投資できる開発費用を3分の1ずつ使って、各社少ない予算で同じような研究開発を行っている。開発者の層も薄い。これでは世界の市場で戦っていけない。

安倍首相は武器輸出には熱心で海外でトップセールスまで行っている。だが、あまりに「商売」が下手で、「武士の商法」だ。インドへの飛行艇US-2や、英国への哨戒機P-1、オーストラリアへの潜水艦などと見込みが薄い、あるいは政治的、外交的なハードルが高く実現が困難な「ビッグビジネス」に力を入れている。US-2や潜水艦の売り込みのために防衛駐在官をインドやオーストラリアに増員したが、所詮「軍人」が商人のまね事をしてもうまくいかない。

その反面、地味だが、これらよりよほど確実性があるUH-X選定の興味は薄かったようだ。本来UH-Xは新規開発のみ、既存機の改良にしても大幅改良で、既存機と大きなアドバンテージをもつ機体という条件をつけるべきだった。

わが国の防衛航空産業は政治的な意図や戦略と、現場レベルの戦術の調和と整合性がとれていない。また防衛大手企業も輸出に打って出て自立をしようという意識が低い。これでは防衛航空産業の輸出が成功することは極めて難しいだろう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT