人種対立激化のファーガソンで非常事態宣言

黒人射殺1年の集会で銃撃

 8月10日、米ミズーリ州ファーガソンで黒人青年が白人警察官に射殺された事件の追悼集会で、警官に発砲した男が撃たれて重体となり、非常事態宣言が発令された。写真は警官に抗議するデモ隊。9日撮影(2015年 ロイター/RICK WILKING)

[ファーガソン(米ミズーリ州) 10日 ロイター] - 米ミズーリ州ファーガソンで黒人青年が白人警察官に射殺された事件から1年となった9日夜の追悼集会で、警官に発砲した男が撃たれて重体となり、当局は10日、周辺地域に非常事態宣言を出した。

男は18歳で、別のグループとの抗争を受けて駆け付けた警官らと銃撃戦になり、負傷して病院に搬送された。検察当局は、警察や車に発砲した容疑で男を訴追した。

一方、セントルイス郡は、市民などが危害を加えられる可能性があるとして非常事態宣言を発令。こうした事態を受けて、現地では再び緊張が高まっている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。