昼も夜も「朝食メニューを」好む人が増加中

米レストラン業界、成長の鍵は「朝食」にあった

 8月5日、米レストラン業界で「朝食メニュー」に注目が高まっている。シカゴで昨年11月撮影(2015年 ロイター/Jim Young)

[ロサンゼルス 4日 ロイター] - 米レストラン業界で「朝食メニュー」に注目が高まっている。インターネット上では数年前、一日中朝食メニューを好む人たちを意味する「ブレックファースタリアン」なる造語も現れ、朝食メニューを取り扱う企業は増加傾向にある。

コーヒー、パンケーキ、ドーナツなどを提供する朝食(ブレックファースト)メニューの売り上げは、ランチやディナーの売り上げを上回り、米レストラン業界の利用客数を押し上げている。米労働市場の改善も支援要因となり、朝の時間帯に外食する米国人は増加している。

試験的に終日朝食メニューを導入

米ファストフードチェーン大手のマクドナルド<MCD.N>から、南部ノースカロライナ州を拠点とするビュッフェ式チェーン店、ゴールデン・コーラルに至るまで、試験的に終日朝食メニューを導入する企業は増えている。ファミリーレストラン「デニーズ」<DENN.O>、ダインエクイティ<DIN.N>傘下のパンケーキチェーン「IHOP」、ハンバーガーチェーン「ジャック・イン・ザ・ボックス」<JACK.O>、ドライブインレストランチェーンを展開するソニック・コープ<SONC.O>などは、数年前から終日朝食メニューを提供している。

米外食大手ヤム・ブランズ<YUM.N>傘下のタコ・ベルは約1年前に朝食メニューを強化し、現在では同メニューが売上高に占める割合は7%に上る。ドーナツチェーンの「ダンキンドーナツ」<DNKN.O>も、終日提供している朝食用サンドイッチが売り上げを後押ししていると指摘する。

レストランの売り上げなどを調査するナップ・トラックのマルコム・ナップ氏は「働いている人たちは外食の頻度が多い」と述べた上で、「(労働市場に入ったり復帰したりする人たちは)より手ごろな価格を求めることから、いち早く恩恵を受けるのはファストフードチェーンだ」との考えを示した。

調査会社NPDグループによると、2015年5月までの1年間では、朝食目的での外食は4%増加。主にファストフードで増加したという。一方、昼食と夕食目的の外食は横ばいだった。

次ページ終日「朝食メニュー」がほしい人は72%
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。