ミスドとコンビニ、ドーナツの仁義なき経済学

奪い合うのか、それとも広がるのか

左上から時計回りにローソン、ファミリーマート、ミスタードーナツ、セブンイレブンで販売するドーナツ※写真は2014年11月当時のものです(撮影:尾形文繁)

ダスキンが運営する「ミスタードーナツ」の肉まんをめぐる不祥事を覚えているだろうか。食品衛生法で禁じられた食品添加物の使用が発覚したのは2002年5月。それを受けて、ミスドは一時、前年同月比70%弱の売り上げ減を強いられた。

そんな減速もつかの間。当時のミスドは店舗の割引分を本部が負担する格好で、ドーナツの割引販売を加速し、販売は急回復していった。今ではこの事件があったこと自体を覚えていない人が大半だろう。

ミスドの鮮やかな復活劇は、もちろん、その値引きを可能とした経営体力やブランド力、そしてドーナツそのものの味に支えられていたことに間違いない。ただしそれよりも大きかったのは、代替チェーン店の不在だった。

かつてダンキンドーナツがライバルとして存在していた時期はあったものの、1998年に撤退しており、当時のミスドに強力なライバルはほぼ見当たらず。現在、約60店を日本国内に運営するクリスピー・クリーム・ドーナツが日本へ進出したのは、2006年のことだ。ドーナツを欲する消費者が、再びミスドに戻っていくのは自然の流れだった。

その後、ミスドは少子化などの影響もあってか、ドーナツ市場を急拡大できたわけではない。近年は緩やかな減少がありつつも、いくつかのヒット商品に恵まれたことで、ある意味では“無難”にドーナツ界に君臨してきた。現在、国内で1300店強、国内外も合わせると約4200店のネットワークは、ドーナツ専門店としては圧倒的な規模である。

ライバル不在から一転、混戦するドーナツ市場

ところが、ここにきて状況は変わってきている。コンビニエンスストアが本格的な闘いを挑んでいるからだ。それもセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ3強がそろってである。それだけでなく、6月20日にはドーナツとクロワッサンを組み合わせた「クロナッツ」を販売する米国生まれの「ドミニクアンセル ベーカリー」が東京・表参道にオープン。同じく米国で人気の「ブードゥー・ドーナツ」の日本進出もうわさされているなど、まさに「猫もしゃくしも」と言ってもいいドーナツブームを迎えている。

次ページ19億杯の販売を見込むセブンカフェ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。