ミスドとコンビニ、ドーナツの仁義なき経済学

奪い合うのか、それとも広がるのか

左上から時計回りにローソン、ファミリーマート、ミスタードーナツ、セブンイレブンで販売するドーナツ※写真は2014年11月当時のものです(撮影:尾形文繁)

ダスキンが運営する「ミスタードーナツ」の肉まんをめぐる不祥事を覚えているだろうか。食品衛生法で禁じられた食品添加物の使用が発覚したのは2002年5月。それを受けて、ミスドは一時、前年同月比70%弱の売り上げ減を強いられた。

そんな減速もつかの間。当時のミスドは店舗の割引分を本部が負担する格好で、ドーナツの割引販売を加速し、販売は急回復していった。今ではこの事件があったこと自体を覚えていない人が大半だろう。

ミスドの鮮やかな復活劇は、もちろん、その値引きを可能とした経営体力やブランド力、そしてドーナツそのものの味に支えられていたことに間違いない。ただしそれよりも大きかったのは、代替チェーン店の不在だった。

かつてダンキンドーナツがライバルとして存在していた時期はあったものの、1998年に撤退しており、当時のミスドに強力なライバルはほぼ見当たらず。現在、約60店を日本国内に運営するクリスピー・クリーム・ドーナツが日本へ進出したのは、2006年のことだ。ドーナツを欲する消費者が、再びミスドに戻っていくのは自然の流れだった。

その後、ミスドは少子化などの影響もあってか、ドーナツ市場を急拡大できたわけではない。近年は緩やかな減少がありつつも、いくつかのヒット商品に恵まれたことで、ある意味では“無難”にドーナツ界に君臨してきた。現在、国内で1300店強、国内外も合わせると約4200店のネットワークは、ドーナツ専門店としては圧倒的な規模である。

ライバル不在から一転、混戦するドーナツ市場

ところが、ここにきて状況は変わってきている。コンビニエンスストアが本格的な闘いを挑んでいるからだ。それもセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ3強がそろってである。それだけでなく、6月20日にはドーナツとクロワッサンを組み合わせた「クロナッツ」を販売する米国生まれの「ドミニクアンセル ベーカリー」が東京・表参道にオープン。同じく米国で人気の「ブードゥー・ドーナツ」の日本進出もうわさされているなど、まさに「猫もしゃくしも」と言ってもいいドーナツブームを迎えている。

次ページ19億杯の販売を見込むセブンカフェ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。