タリバンの政治責任者が辞任を表明

新指導部をめぐって対立が強まる

 8月4日、アフガニスタンの反政府勢力タリバンの最高幹部の1人であるアガ幹部が辞任を表明した。写真は新指導者のアクタル・マンスール師。提供写真(2015年 ロイター)

[ペシャワル(パキスタン) 4日 ロイター] - アフガニスタンの反政府勢力タリバンの最高幹部の1人であるアガ幹部が4日、辞任を表明した。前最高指導者オマル師の死亡が明らかになって以降、タリバン内部では権力争いが激しくなりつつある。

タリバンは先月末、オマル師の後継者に序列2位のアクタル・マンスール師を選んだと発表。ただ、オマル師の死亡を2年以上隠していたとされるマンスール師に多くの幹部らが反発している。

和平交渉を担うためにドーハに設置された政治事務所の責任者だったアガ幹部は、オマル師の死亡を隠ぺいした決定について「関係した者たちによる歴史的な誤りだ」などと非難する声明を発表した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT