タリバン最高指導者は2013年に死んでいた

アフガニスタン政府が発表

 7月29日、アフガニスタン政府は、反政府武装勢力タリバンの最高指導者オマル師が2013年4月にパキスタンで死亡していたと明らかにした。撮影日不明。提供写真(2015年 ロイター/National Counterterrorism Center/Handout via Reuters)

[カブール 29日 ロイター] - アフガニスタン政府は29日、反政府武装勢力タリバンの最高指導者オマル師が2013年4月にパキスタンで死亡していたと明らかにした。現在行われている和平交渉や後継者をめぐり、タリバン内で亀裂が深まる可能性がある。

オマル師は、米国主導で2001年に始まったアフガン戦争によりタリバン政権が崩壊して以来、動静が分からなくなり、長年にわたって死亡説もあった。

アフガン大統領府は声明で、「信頼できる情報に基づいて」オマル師の死亡を確認したと明かしたが、詳細には触れなかった。

また、死亡確認を受けて和平交渉の地ならしが進んだとの考えを示し、「全ての反政府武装勢力に対し、この機会を捉えて和平プロセスに参加するよう呼び掛ける」と訴えた。

タリバンの広報担当のコメントは取れていない。

米ホワイトハウスは、オマル師の死亡情報について「信頼できる」とし、情報機関が調査を継続すると明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT