タリバン最高指導者は2013年に死んでいた

アフガニスタン政府が発表

 7月29日、アフガニスタン政府は、反政府武装勢力タリバンの最高指導者オマル師が2013年4月にパキスタンで死亡していたと明らかにした。撮影日不明。提供写真(2015年 ロイター/National Counterterrorism Center/Handout via Reuters)

[カブール 29日 ロイター] - アフガニスタン政府は29日、反政府武装勢力タリバンの最高指導者オマル師が2013年4月にパキスタンで死亡していたと明らかにした。現在行われている和平交渉や後継者をめぐり、タリバン内で亀裂が深まる可能性がある。

オマル師は、米国主導で2001年に始まったアフガン戦争によりタリバン政権が崩壊して以来、動静が分からなくなり、長年にわたって死亡説もあった。

アフガン大統領府は声明で、「信頼できる情報に基づいて」オマル師の死亡を確認したと明かしたが、詳細には触れなかった。

また、死亡確認を受けて和平交渉の地ならしが進んだとの考えを示し、「全ての反政府武装勢力に対し、この機会を捉えて和平プロセスに参加するよう呼び掛ける」と訴えた。

タリバンの広報担当のコメントは取れていない。

米ホワイトハウスは、オマル師の死亡情報について「信頼できる」とし、情報機関が調査を継続すると明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。