タリバン最高指導者は2013年に死んでいた

アフガニスタン政府が発表

 7月29日、アフガニスタン政府は、反政府武装勢力タリバンの最高指導者オマル師が2013年4月にパキスタンで死亡していたと明らかにした。撮影日不明。提供写真(2015年 ロイター/National Counterterrorism Center/Handout via Reuters)

[カブール 29日 ロイター] - アフガニスタン政府は29日、反政府武装勢力タリバンの最高指導者オマル師が2013年4月にパキスタンで死亡していたと明らかにした。現在行われている和平交渉や後継者をめぐり、タリバン内で亀裂が深まる可能性がある。

オマル師は、米国主導で2001年に始まったアフガン戦争によりタリバン政権が崩壊して以来、動静が分からなくなり、長年にわたって死亡説もあった。

アフガン大統領府は声明で、「信頼できる情報に基づいて」オマル師の死亡を確認したと明かしたが、詳細には触れなかった。

また、死亡確認を受けて和平交渉の地ならしが進んだとの考えを示し、「全ての反政府武装勢力に対し、この機会を捉えて和平プロセスに参加するよう呼び掛ける」と訴えた。

タリバンの広報担当のコメントは取れていない。

米ホワイトハウスは、オマル師の死亡情報について「信頼できる」とし、情報機関が調査を継続すると明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT