タリバン最高指導者が死亡した可能性

アフガニスタン政府が事実関係を調査

 7月29日、アフガニスタンの大統領府報道官は、反政府武装勢力タリバンの最高指導者オマル師が死亡したとの情報について政府が調査していると述べた。写真は同師が死亡したと報道するメディア(2015年 ロイター/Ahmad Masood )

[カブール 29日 ロイター] - アフガニスタンの大統領府報道官は29日、反政府武装勢力タリバンの最高指導者オマル師が死亡したとの情報について政府が調査していると述べた。

オマル師は2001年以降、動静がつかめておらず、今週に入り、アフガンやパキスタンのメディアが、約2年前に死亡したと報道していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。