オバマ政権、火力発電のCO2排出で規制強化

共和党指導部からは反対の声も

 8月3日、オバマ米大統領は、石炭火力発電所からの二酸化炭素(CO2)排出に対する規制強化を正式に発表した。ワシントンで撮影(2015年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 3日 ロイター] - オバマ米大統領は3日、石炭火力発電所からの二酸化炭素(CO2)排出に対する規制強化を正式に発表した。新規制では、火力発電からのCO2排出量を2030年までに05年比32%削減することを目指す。

米国政府はすでに、温暖化ガス排出量を2025年までに05年比で26―28%削減する計画を提出しており、今回発表した火力発電への規制強化により目標達成を後押しする。米国は温暖化ガス削減への積極的な姿勢を示すことで、今年末にパリで開催される国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で主導権を握りたい考えだ。

大統領はホワイトハウスで演説し「われわれは気候変動の影響を実感する最初の世代。そして何らかの対策をとることのできる最後の世代でもある」と主張。「地球は1つだけだ。プランBはない」と訴えた。

一方、共和党指導部からは、コストを理由に反対の声が相次いだ。

上院のマコネル共和党院内総務は、新規制は発電所の閉鎖につながり、電気料金を押し上げるとして「何としてでも阻止する」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT