新しい世界、新しい常識を創ることが、リーダーシップにおける基本的な振る舞い方--原田泳幸・日本マクドナルドホールディングスCEO(上)


 外食産業は、ピープルビジネスです。人がいて店舗があって、そこにメニューがあり初めて商売ができるのです。それから2003年まで7年連続で既存店マイナスという厳しい試練の時代がありました。

その後、04年から今日現在まで、今年を含めて8年連続のプラスに転じています。私は04年2月に入社しましたので、回復期の最初のスタートポイントからかかわってきました。まず、回復期に何から始めたのか、お話ししたいと思います。

すべてのステークホルダーの価値を維持するためには、単に回復するだけではなく、さらなる継続的成長を実現していくことが基本です。ある年は10%の成長、ある年はマイナスということでは許されないのです。数%ずつ確実に上がっていくことが、最も堅実な経営効率です。よって先を見据えた構造改革を行いました。

世の中で言われている構造改革には大きく2つの種類があります。1つ目は危機に直面して、仕方なく自ら痛みの伴う変化を行うもの。これが日本ではリストラという1つの表現で言われる構造改革です。「投資なき構造改革」で、すなわちコストダウン、人材削減を行い守りの回復をしていきます。

2つ目の構造改革は、私どもがとったスタイルで「投資が伴う構造改革」。順調なときに痛みが伴う変化を図っていきます。つまり、危機に直面した構造改革ではなく、危機を予見した構造改革という表現もできるでしょう。

私が04年に就任した際、最初に社員に伝えた言葉があります。それは「経営の基本は、不振なときほど基本に立ち返る」ということです。基本なくして新しいことに投資しても、まったく効果を生みません。

特に順調なときに基本を忘れたり、厳しいときに基本を忘れたりすることは、人間の習性です。厳しい状況に直面した会社が、考えなければいけない基本を忘れて、いわゆるリストラで目の前のリカバリーを図ることに終始し、世の中から消えていった例は歴史的に多数あるのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT