ユーロ発「世界危機」 イタリアへの伝播阻止へ綱渡りの危機対応

震源地ギリシャは今や、国債のデフォルト(債務不履行)が時間の問題である。昨年5月に欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)の金融支援下に入ったが、約束していた財政赤字削減が計画どおりに進んでいない。10月3日、同国政府は今年の赤字が対国内総生産(GDP)比で計画の7・6%を超えて8・5%となり、来年も計画の6・5%に対し6・8%になると発表。想定以上の景気後退が原因だ。

この「ギブアップ宣言」に、市場は震撼した。ギリシャへの支援は、3カ月ごとにEUなどが計画進捗を査察したうえで分割融資されるが、今回の計画未達で、第6回融資(80億ユーロ)が差し止めになる懸念が高まったからだ。支援ストップなら同国の国債デフォルトは避けられない。

怖いのは危機の本格伝播である。「このままギリシャが破綻すれば、次はイタリアというのが市場の受け止め方」と外債アナリストは語る。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT