ユーロ発「世界危機」 イタリアへの伝播阻止へ綱渡りの危機対応

震源地ギリシャは今や、国債のデフォルト(債務不履行)が時間の問題である。昨年5月に欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)の金融支援下に入ったが、約束していた財政赤字削減が計画どおりに進んでいない。10月3日、同国政府は今年の赤字が対国内総生産(GDP)比で計画の7・6%を超えて8・5%となり、来年も計画の6・5%に対し6・8%になると発表。想定以上の景気後退が原因だ。

この「ギブアップ宣言」に、市場は震撼した。ギリシャへの支援は、3カ月ごとにEUなどが計画進捗を査察したうえで分割融資されるが、今回の計画未達で、第6回融資(80億ユーロ)が差し止めになる懸念が高まったからだ。支援ストップなら同国の国債デフォルトは避けられない。

怖いのは危機の本格伝播である。「このままギリシャが破綻すれば、次はイタリアというのが市場の受け止め方」と外債アナリストは語る。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT