中国共産党、元軍制服組トップの党籍剥奪

軍検察機関に移送して汚職容疑を追及

 7月30日、中国共産党は、人民解放軍制服組トップだった郭伯雄元副主席(写真)の党籍を剝奪するとともに、汚職容疑で軍検察機関に移送して責任を追及することを決定した。米ワシントンで2006年7月撮影(2015年 ロイター/Yuri Gripas)

[北京 30日 ロイター] - 中国共産党は、人民解放軍制服組トップだった中央軍事委員会の郭伯雄元副主席(73)の党籍を剝奪するとともに、汚職容疑で軍検察機関に移送して責任を追及することを決定した。国営新華社通信が30日報じた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。