新国立見直し、自民が「JSCトップ更迭」を明記

「混乱の責任はJSCにある」

 7月30日、自民党の河野太郎・行政改革推進本部長は、新国立競技場の整備計画見直しに向けて取りまとめる提言で、日本スポーツ振興センターの河野一郎理事長を更迭するよう求める考えを示した。工事中の競技場、17日撮影(2015年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 30日 ロイター] - 自民党の河野太郎・行政改革推進本部長は30日、新国立競技場の整備計画見直しに向けて取りまとめる提言で、日本スポーツ振興センター(JSC)の河野一郎理事長を更迭するよう求める考えを示した。

JSCが過去に開いた有識者会議では、総工費について議論された形跡がなく、混乱の責任は「JSCにあることがはっきりした」と批判した。

党行革本部は同日午後、JSCと文部科学省の関係者から、過去の経緯を中心に聞き取り調査を実施。JSCが過去6回にわたって開いた「国立競技場将来構想有識者会議」の議事録をもとに、当初1300億円とされていた総工費が膨らんだ経緯などを検証した。

河野行革本部長は、聞き取り調査後、記者団の取材に応じ「そもそも1300億円の根拠が分からない」と指摘。2012年7月の有識者会議では、総工費が空欄のまま委員に提示されており、コストに関する議論は行われていなかったことを明らかにした。

党行革本部は今後も関係者からの聞き取りを重ね、過去の経緯についての検証を盛り込んだ提言を8月上旬にも取りまとめる方針。

 

(梅川崇)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。